スパイカメラの購入を検討するなら専門業者に相談してみましょう

穴から覗く

スパイカメラは不自然にならない形状と副機能も大事

防犯カメラ

防犯やミーティング、パワハラやセクハラの証拠集めなど様々な用途で使われるスパイカメラですが、形や電源、機能などに様々な違いがあります。
そのためどれを買えばいいかわからないという方も多いでしょう。
選び方のポイントとしては、自然にカモフラージュできる形状をしているかと、カメラ以外の機能が重要になります。

スパイカメラは超小型で気付かれず使えることが売りなだけあって、カメラだとはわからない形状をしているもの、カメラ以外の機能がついているものが多いです。
例えばミーティングや仕事のメモで使いたいという方は、実際に文字がかけるペン型のカメラなら常に持ちっぱなしでも誰にも気付かれません。
モバイルバッテリー型のカメラであれば、今どき誰が持っていても不思議ではないですし、スマホなどの電池が切れそうな時にはカメラの電池から充電することも可能です。

他にもメガネ型カメラなら度を入れて普通のメガネとして使いながら必要に応じて目線と同じ動画を撮影できますし、今でも社会人なら必須と言う風潮のある腕時計も、常に露出させられて誰にも違和感を覚えられず、時間に確認も当然できて使いやすいでしょう。
スパイカメラを買うなら、どんな形状なら自分が使っていても自然で、カメラとして使う時以外にも役立つかを考えてスパイカメラ専門店で購入すれば、自分にピッタリなカメラを選ぶことができるはずです。

相手に気付かれずに撮影できるスパイカメラとは?

相手に気付かれずに撮影したい場面では、スパイカメラが役立ちます。この名前だけ聞くと大袈裟なものを想像されるかもしれませんが、これは分かりやすく言うと小型カメラのことです。スパイカメラの特徴は、カメラとは気づかれない形状をしていることです。見た目はボールペンですが実は隠しカメラがついているもの、普通の腕時計ですが分からない形でカメラがついていたりします。
撮影する時もペンや腕時計を触っているようにしか見えないため、気付かれずに撮れる仕組みです。スパイカメラの形状は幅広く揃っていますから、撮りたいシーンで違和感がないものや常に持ち歩けるようなタイプで選ぶと使いやすく、スパイカメラ専門店で購入できます。小型なので持ちやすく便利なカメラですが、日常的に使えるシーンが思い浮かばない方もいらっしゃるでしょう。
しかし意外に使えるシーンが色々とあります。講義や研修時などで記録しておきたい内容を撮影すれば、後々の書類作成などに役立ちます。ブログでペットの写真をよくアップしている方なら、気付かれずに貴重なワンショットが撮れたりします。小型なので持ち運びにも便利で、散歩時に出会った自然や動物などの貴重なカットも逃さず撮影できるでしょう。

ボールペン型スパイカメラの特徴と魅力

小型カメラというと、一昔前であればスパイ映画などで使われる小道具の一つでしたが、時代の移り変わりの中で個人でも手に入れることができるようになっています。中でも人気となっているのがボールペン型のスパイカメラです。
ボールペン型カメラの大きな特徴の一つが機能性です。ボールペンというコンパクトな形状でありながら、写真や動画の撮影はもちろん、音声の録音などもできます。当然通常のボールペンとしての使用できるので、会議などで文章を記入すると同時に録音をしておくことも可能です。高性能な商品になると動作認識機能によって動いている物だけを自動で認識して撮影できます。
カメラなどの機器が搭載していることで形状が不自然に大きかったり重くてペンとして使いづらいのではないかと不安に感じる人も少なくありません。商品によって若干の違いはありますが、50g前後と一般的なボールペンと変わりのない重さなので長時間使用しても疲れることがないのがポイントです。ただし、別途販売されている付属品を付ける場合は重さを感じることはあります。
スパイカメラは様々な商品が販売されていて、デザインや値段がそれぞれ異なるので、スパイカメラ専門店で購入するのが最適です。

POSTLIST